40歳からのジーンズ選び

選び方は?

まず、どんなジーンズが良いかは
ズバリ!体型に合っているものを選んでいるか!です。

100人いたら100通りの体型があるので
ここのジーンズがオススメですと言えないのです。

洋服はとにかく試着が鉄則!

ジーンズは元を正せばただの作業着から始まっているので
本当に日常着なんだと思います。

だからこそなのですが、
体型に合っているだけで、それだけでシンプルにカッコいいと思うのです。

どんな物がいいか分からない時は
デパートやセレクトショップでいろいろなブランドを置いているジーンズショップで
まず履いてみることをオススメします。

そして試着して1番に感じたもの!それ大事にしてください。

あら?良いかも♡♡と思ったら
それ、ぜひ購入してくださいね。

購入し、履いて、色々と着方を研究してみてください!

選べない方は
見慣れない事で、その後すぐに否定的な気持ちになる場合があります。

でもね、一番最初に感じたあら♡ってものすごく大切で、
もしかしたら買って数日後にやっぱり買わなきゃよかったと思うとしても
購入し履いたからこそ、こういうイメージじゃなくてこんな感じがいいということが分かるのです。

ブランドによって違いがある

ブランドによってシルエットの違いがあることは、なんとなく分かる方も多いと思いますが
私が2番目に重要視しているのがバックスタイルです。

視覚的な補佐をしてくれるポケットの位置はかなり重要で、
お尻の大きさや歳とともに気になる垂れ具合なども補佐してくれる部分でもあります。

個人的にはガードルでガチガチに固まったお尻よりも
ちょっぴりダラっとしてる肉感的な方が好みです。

お尻が大きいと気にされる方も多いのですが
ジーンズはお尻が大きい方が似合うと思っているので、
隠すより前面に出したほうが個性的な要素に変換できるものです。

サイズに関しても大柄な方は男性用をオススメします。
そして小柄な方は子供用をチョイスしてみるのも手です。

あまり型にこだわらず、柔軟に試着してみてください。


生地について

ジーンズは生地も、ものによってかなり違いがあります。

薄くストレッチが効いているもの(スキニー)などは
体型を拾いすぎるので脚の線が出やすくなります。

そんな時はコーディネートに工夫が必要かもしれません。
上物は少し長めのもので腰回りをカバーできるものをチョイスするといいでしょう。

O脚の方はワイドパンツなどでカバーすることも可能です。
その場合はセンタープレスがついている物が良いと思います。

ジーンズは腰ではく

カッコよくはきたいと思っている方はジーンズは腰ではいてください。

ジーンズをウエストで履いてはダメでーす!
上げすぎは禁物。

ハイウエストでも腰ですよ!
基本パンツは腰が基準です。

そして色々試してみてください。

やっぱりよく分からない…という方はコンサルをオススメします。

体型に合ったカッコよくて大人のスカした
貴方のデニムSTYLEをご提案致します。

これがいいですよ!というだけでなくコーディネートのバリエーションや
個性に合ったスタイリングのコツなどもお伝え致します。

ちょっぴり華やかな貴方だけのデニムコーデ発見してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました